糖質オフ麺より、普通の麺がいい?ダイエットと添加物の基礎知識

こんにちは よしか です

今日はですね

糖質オフ麺より普通の麺がいいんじゃない?

ダイエットと添加物の基礎知識

についてお話ししていきたいと思います

私何でこれを話そうかなと思ったかって言うと

  • 糖分を取らない
  • ごはん パン 麺とか
  • お砂糖とかを取らない

糖質制限ダイエットがいまメジャーになってきていると思うんですけど

お店に行くとロカボとかありますよね

そういった糖質制限を長年している人でなんか太ってきてしまう人って結構いるんですよ

私のお客さんも

「そのなんか太ってきてしまってどうしたらいいですか」

っていうことで担当させていただいてるんですけど

そういう方の食事を添加物って言うんですかね人工甘味料を除いた食事をアドバイスすることで、

  • 食事だけで体重が落ちた
  • 便通が良くなった

という話があるので

今日はねそういう困った人がいるんじゃないかなということでこの話をさせていただきたいと思います

目次

  • 糖質オフ商品に気をつけるべきこと
  • 人工甘味料とダイエットの基礎知識

について

今日はお話ししていきたいと思います

糖質オフの商品で気をつけるべきこと

ではまず、糖質オフの商品で気をつけるべきこと

さっき言いましたけどね

  • 糖質オフ麺でラーメンとか
  • カップスープとか

結構多いんですよね

そこの商品で気をつけるべき事っていうのは

糖質オフするとまず一つ確実に言えるのは、甘みがなくなるので美味しくなくなります。

なので何かをオフしてるって言うカロリーオフもそうですけどね

カロリー(オフ)っていうのは油を抜いてるって事なので

何かオフしてるって事は美味しくなくなるって事なんですよ

でも食べると美味しいじゃないですか

じゃあ何で美味しくなってんのかっていうと添加物で補ってるからなんですね

ここはねすごい気をつけていただきたいところなんですよ

オフしてるって事は何かを足してるんだなっていうことをすごく気をつけてほしい

私が試した糖質オフ麺は、カップラーメンとか、糖質オフのヌードル系ですね

あとパスタとかそばうどん色々試しました。

でもねぶっちゃけ美味しくないんですね どれも

あとは糖質オフの商品なんかもすごくたくさん食べていて

パンとかチョコとかクッキーとかケーキとかアイスナッツなんかも食べました。

でクッキーとかアイスっていうところで言うと

グリコのSUNAOシリーズっていうのがあるんですよ。糖質オフのね

あれは美味しいし割と添加物入ってないので

私もすごくお勧めしています

めっちゃいいですね

あとナッツもね美味しいですね

コンビニとかに売っているナッツとかも美味しい

あれもあんまり添加物が入ってるものはすごく少ないので

もしコンビニに行って糖質オフの商品を選ぶとしたら

その2つがいいと思います

まとめ

まとめとしてはですね

何かをオフしてるって事は疑ってかかって欲しいんですね

本来の美味しさを失うってことなので

美味しさや、例えばクッキーとかだとサクサクした食感とか、甘さとか美味しさを補っているのが添加物なんですよ

だから疑ってかかって食べてほしい。必ず原材料名を見てほしい

というところになります

でもダイエット中で1つ問題があります

「ダイエット中でもやっぱり甘いものが食べたい」

これはねあのみんなの欲だと思うんですよ

私も甘いもの好きですね

そんなダイエッターの味方が人工甘味料なんですけど

後半ではですねその人工甘味料とダイエットの基礎知識

っていうのをお伝えしています

人工甘味料とダイエットの基礎知識

人工甘味料とダイエットの基礎知識なんですけど

人工甘味料ってそもそもなのかなって言うと食品添加物なんですね

食べ物を美味しいと感じる甘みがあるんですけど

その糖分の代わりっていうのが人工甘味料になります

具体的には何があるかって言うと、サッカリンやアスパルテームなんかが安くて使えるので、結構商品に多く含まれています

このサッカリンとかアスパルテームっていうのは、血糖値を正常に保つ能力を下げるっていう風に言われています

またですねこの代表的な飲み物とかするとコカ・コーラ ゼロとかなんですけど

この人工甘味料のなんでここをいっぱい使われているかっていうと

「糖分がないっていうこと」

血液の中の糖分量っていうのを血糖値って言うんですけど、その血糖値が上がらないっていうこと

あとインシュリンっていう肥満ホルモン

インスリンって体にとって必要なものなんですけど

ちょっとかわいそうな名前になってる

インスリンっていうのが出ない

インスリンが出ると簡単にいうと脂肪に変えるんですね

その脂肪に変えるインスリンが出ないということと

あとカロリーにならない。エネルギーにならないってことですね

だから体に吸収されないし甘みだけ感じるので、美味しく感じるんですけど

ちょっと一回立ち止まって考えてみると体にとっては普通ではないことですね

甘みが感じるのはカロリーにならないって

今までの体だとそれっておかしいなっていう風に体が感じるんですね

体にとっては普通じゃないことなので

  • カロリーが欲しいのに甘みをとってもカロリーが出てこないとか
  • 甘みをとってもブドウ糖が脳に回らない

っていうことは体が満たされないですよ

そうするとおかしいなと思って

体がもっともっととガバガバとってしまってというのが

結局太る理由になってくるんですね

腸も味覚を感じる

脳だけではなくて実は腸もですね甘みとかうま味を感じるっていう風に言われています

腸は第二の脳って言われるすごく賢い臓器なんですけど

この人工甘味料をとると腸内の状態がすごく悪くなってしまうんです

少しの糖質で血糖値が上がることが分かってきています

血糖値が上がるとインスリンが出て。インスリンというのは肥満ホルモンって言われて中性脂肪になるものなんですけど。

糖を蓄えようとするホルモンなんですね

このインスリンがうまく出ないっていうのが糖尿病になってくるので。

このインスリンが出ないっていうことはめちゃくちゃ怖いことなんですよ

だから人工甘味料っていうのはやめたほうがいいですね

この血糖値のコントロールがうまくできなくなるって事は

結果 糖尿病になりやすくなるって事なので。

ダイエット以前の体の問題になってくるっていうところですね

まとめ

人工甘味料は糖質オフでいいことずくめのように見えるけれども

健康的なダイエットという観点で見るとデメリットがかなりあります

なので実際にですね

糖質オフを長年していたお客様でそれだったらですね

「人工甘味料がない麺を半分食べたらどうですかとか」

「人工甘味料がたっぷりの糖質オフの商品を食べるんだったら

本当に美味しいクッキーを2枚食べるとか」

「本当に美味しいアイスクリームのハーゲンダッツを一個食べるっていう風にしたらどうですか」

っていう風にアドバイスすると体重っていうのは落ちてくるんですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA