【ダイエット実験で判明】本当に太る食べ物 ワースト3

こんにちは よしか です

今日のテーマは

 ダイエット実験からわかった本当に太る食べ物ワースト3

をお伝えしていきます

私 結構ストイックな糖質制限をしていて、ー1日の糖質量80g以下の食生活を1年以上続けたところからの、糖質量を(1日)250gの太る生活を2週間したんです

糖質量80gはどれくらいかっていうと

朝食も昼食も夕食もお米 パンとか全部食べずに、野菜 お肉とかおかずで過ごしてた感じになります

この2週間っていうのは食前と食後の血糖値の変化を測っていきました

この実験からわかった本当に太る食べ物ワースト3を紹介していきます

目次

  1. 本当に太る食べ物
  2. 太ってしまう負のスパイラルが生まれる理由

本当に太る食べ物

私が実験してデブった食べ物を3つお伝えしていきます

太りやすいもの第3位

パスタ

太りやすいもの第2位

コンビニで売ってるようなゼリー

そんなに太らないと思ったんですけど血糖がダダ上がりだったんですよね

太りやすいもの第1位

ラーメン

特にインスタントラーメン

あれ揚げてありますよね糖と油が一緒にコンボされているもので、めっちゃ太りやすいんだなっていうのが血糖値測定をして分かりました

この3つの食べ物が太りやすい原因っていうのは、食物繊維が全く入ってないので

  • 血糖値が上がって
  • 肥満ホルモンが出やすく
  • 太りやすい

普通血糖値っていうのは食後30分ぐらいで上がって、60分後ぐらいにもうひと上がりして、ゆっくり上がって行って、また下がっていく

もしくは30分後ぐらいに急上昇して、60分後ぐらいに下がっていくのどっちかになります

太りやすいのは、30分後に急上昇して急降下するのが太りやすい

太りやすいもの第3位のパスタは、精製された真っ白い小麦粉で出来ていて食物繊維が入ってないから、血糖値が上がりやすくて太りやすいんです

実際にパスタの場合は血糖値が30分ぐらいで上がって60分後にもう一回上がって 急降下した

ゼリーの場合は血糖値を高いまま、ずっとキープし続けた

ということは肥満ホルモンがずっと出続けている形になるので結構怖いなあと思ったんだけど

太るもの第1位のラーメンは血糖値が30分で急上昇して60分以内に急降下したんですよ

急上昇したっていうことは一気に自分の体に負担をかけて、ギューっと血糖値が上がっていって、肥満ホルモンを出して、一気に体の中に取り込んで血糖値を落としてるって感じなんですね

だから太りやすいってことなんですけど

太ってしまう負のスパイラルが生まれる理由

肥満ホルモンが出たからって言って、そんなにすぐには太らなんじゃないの?

って思うかも知れないんですが、

この血糖値がダイエットのカギを握っていって

血糖値の急激な変動があるともう眠くなってしまうんですよ

ご飯食べた後に眠い人って必ずいるんですよ

眠い人は血糖値の急上昇と急降下が関係しています

つまり食べて寝る太るのスパイラルが発生してしまう

この3つとも食べた後すごい眠くなったんですよね

血糖値の急上昇っていうのは肥満ホルモン出す以外にも、負のスパイラルが始まる原因になっていきます

つまりですね、デブスパイラルが起こっていくっていうことです

だから血糖値のコントロールはすごく大切になってきます

それはダイエットっていう面でも、健康っていう面でも一緒です

食物繊維が少ない血糖値を急上昇させるもの

  • 白いパン 
  • 白いごはん 
  • 白い麺
  • お砂糖がたくさん入ったもの

っていうのは

それだけ血糖値が急上昇して肥満ホルモンを出して太りやすくする、と分かっていただけたのではないでしょうか

今回の実験の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA