【ダイエット中の外食】飲み会も食べて痩せるチャンスに変える方法

みなさん、こんにちは!よしかです。

今日は、

ダイエット中の外食や飲み会を食べて痩せるチャンスに変える方法!

と題して

ダイエット中でも罪悪感なく飲み会や外食を楽しむためのコツをお伝えします。

コロナの影響で、オンライン飲み会も増えてはいますが、気の合う人たちと実際に会って、そしておいしい料理とお酒を囲むリアルな飲み会はやっぱり楽しいですよね。

飲み会に関しては、別の記事で、『お酒を飲み過ぎた次の日から体重を戻す方法』をお伝えしました。

この記事では、「やっちゃったー」というマイナスからゼロに戻す方法をお伝えしたんですね。

しかし今回は、飲み会を楽しんで、さらに食べ痩せ効果も得てしまう方法をお伝えします。

つまり飲み会を利用して、ダイエット効果を「プラス」にしてしまうのです。

目次

  1. 居酒屋さんはダイエット食材の宝庫!
  2. 食べて痩せる居酒屋メニューの選び方

居酒屋さんはダイエット食材の宝庫!

ダイエット中に飲み会に誘われてしまったら

「あぁ飲み会だ。太る…。ダメだ」

と思っていませんか?

もちろん、食べすぎ、飲みすぎは太ります。

ただ、居酒屋は食べ痩せダイエット的には栄養補給をする場所。

普段食べれないものを食べていく場所です。

例えば、海藻類のサラダ、カキ、アサリなどの貝類、お刺身や、レバーの焼き鳥など。

普段食べないけど、おいしくてダイエット効果の高いメニューが実はたくさんあります。そして、糖と油のかたまりで美味しくて食べたら絶対太るものも・・・

でも、チョイスさえ間違えなければ

居酒屋さんはダイエット食材の宝庫になるのです。

食べて痩せる居酒屋メニューの選び方

まず、飲み物はハイボールをチョイス。

同時に、お水も一緒に飲むようにします。

そして、最初にオーダーするものは海藻サラダ。

お酒で失われるマグネシウムを補えます。マグネシウムは、ダイエットの大敵となる便秘を解消する栄養素です。

また枝豆をオーダーしましょう。

枝豆には、ダイエットに大切なビタミンB1がたくさん入っています。ビタミンB1は栄養をエネルギーに変える代謝を助ける栄養素ですが、お酒を飲むとアルコールの解毒に使われて失われてしまいます。

次に、お刺身盛り合わせをチョイス。

普段はなかなかお魚を食べられない人はEPA,DHAを補えます。EPAやDHAは痩せホルモンを作る材料になるんですよ。

アサリの酒蒸しや、牡蛎のメニューがあったら鉄分、亜鉛が補えるので食べていきます。

鉄分は血液の材料になることは有名ですが、それ以外にも心の不調を治す効果もあります。

ダイエットをはじめると

  • 常に旦那さんとか子供にイライラする
  • 周りの人にイライラする
  • 落ち込みやすい
  • 不安になる
  • 疲れやすい
  • 爪が割れやすい

こんな症状はありませんか?これは鉄分が不足しているときの症状です。

また、亜鉛は肌を再生してくれるのですが、それだけではなく、髪の毛の毛根は亜鉛によって作られます。

なので、抜け毛に悩んでいる人はアサリやカキでしっかり亜鉛を補ってくださいね。

また、レバーや、馬刺しなどあれば、ビタミンAも鉄分もしっかり補えるので更に栄養がプラス。

シシャモの炙り焼きも頭から食べられる魚はカルシウムが取れるのでお勧めです。

ビタミンAもカルシウムも日本人に不足している健康を取り戻すために大切な栄養素です。

まとめ

ダイエット中の飲み会は、「あぁ太る」と思って食べるのではなく、普段食べられない食べて痩せて健康になる栄養を補給するチャンスだと思って楽しんでくださいね。

ただし、飲みすぎは太ります。

なぜならダイエットのカギを握る肝臓に大きな負担をかけるからです。

でも逆に、肝臓の働きを整えることは、基礎代謝を上げる1番簡単なダイエット方法なんですよ。

具体的な方法はこちらの記事で紹介しています。

気になる方は見てみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA