とろとろ、半熟ゆで卵のつくりかた

美味しいゆで卵♡

ゆで卵はパーフェクトフードと言われるくらい栄養豊富☆

卵を食べてコレステロールが上がるというのは昔の話。

脂質も、良質な脂質は身体の細胞を作るのに必須です。

さらに、アミノ酸スコア100の卵
良質なタンパク質で、質の良い骨や筋肉、血管などを作ってくれます。

他にも
良質な脂質
ビタミンA、D、E、代謝の促進に欠かせないB12、カルシウム、鉄
などのビタミン、ミネラルを含みます。

でもでも!

美味しいゆで卵って意外と作るのむずかしくないですか?

べりっと卵の殻と一緒に、身がむけたり、
お湯に入れたら、身が出てきて、変に固まったり(*_*;

半熟にしようとしたら、おもったより固ゆでになったり・・・。

イライラしちゃいますよね。

色々実験して、
失敗しない!とろとろ卵を作りました。

とはいえ、好みだと思うので、もっと固ゆでが好みの方は
ゆで時間を追加してください。

私は、食べて、黄身がトロッと来るのが好きなので、
とろとろ半熟ゆで卵です。

胃腸に優しく、身体への吸収がいいのも、
とろとろ半熟です。

是非作って美味しく召し上がれ♬

■材料
・たまご 4個(お好きな数だけ)
・おなべにたっぷりのお湯 (卵の殻がゆでた時水面から出ないように)
・大きめのボールにたっぷりの氷をいれた水

1、下準備
大き目のボールに、たっぷりの水と氷を入れる。

2、ゆでる
卵は常温にする(冷蔵庫から出してお水に10分つけると常温に戻ります)
冷蔵庫のままでもOKですが、皮がむけにくい可能性があります。

お湯を沸騰させて、卵をそっと優しく入れる。

ここがポイント!急いでガンガンいれるとひびが入って台無し

6分ゆでる。

3、氷水で冷やす
氷水で3分冷やす。

4、剥く
カンカンっと卵の殻を打ち付けた後、コロコロ板ずりのように卵を
横に転がしてください。
卵の殻がまんべんなくひびが入ったら、皮を剥く。

一見面倒に見えますが、失敗なしで美味しい、プルンとした卵を
食べられるなら、嬉しい手間♡

是非、イライラのゆで卵から、
楽しいゆで卵の時間にしてみてください♬

Follow me!