小松菜、きくらげ、エビの中華炒め

葉酸が身体のエネルギーになる代謝を助けます

こんにちは!
食べ痩せ食事トレーナーの田京 よしかです。

今回はパパっと中華炒め。

えびと、きくらげがプリプリしていて美味しいです♬

小松菜はBカロテンが含まれています。
日本人が一番不足している栄養素のビタミンAに身体の中で変換されます。
また、葉酸はすべての食べ物をエネルギーに変換するのに必要な栄養素になります。

きくらげはビタミンDと食物繊維が豊富♬
免疫アップに役立ちます。

肉は苦手で食べないお子様も、エビは喜んで食べる方も多いはず。
エビの殻は、多めの油で入り揚げた後、塩を振って食べる、
カルシウムが摂取でき、骨粗しょう症の予防になります。

さ、しっかり食べていきましょう♪

■材料
・小松菜  1束(約230g)
・エビ   200g(生が面倒な方は冷凍エビもあります)
・きくらげ 乾燥10g(戻すのが面倒な方は)
・にんにく 1かけ
・生姜   1かけ
・中華味のもと 小さじ2(なければ鶏がらスープの素、ウェイパーなどでもOK)
・ごま油  大さじ1

■作り方
~下準備~
1、小松菜を5㎝間隔に切る。きくらげはぬるま湯で戻すと早く戻ります。
  きくらげは一口大に切る。
  エビは剥いて、せなかにあるわたを取る。

2、にんにく、しょうがはみじん切りに。

~炒める~
3、フライパンにごま油を入れて、エビを入れる。さっと炒めて取り出す。
  (エビのプリプリ感を残すため、取り出します)

4、ごま油が少なくなっていたら、少々足し、にんにく、生姜を入れて匂いを出す。

5、小松菜ときくらげを入れて、さっと炒め、少ししんなりしたらエビを入れ戻し
  中華あじのもとを入れて完成!

食べて痩せて健康になっていきましょう♪

Follow me!