【バストアップ】胸やせしないでダイエットに成功する方法

こんにちは よしか です

今日のテーマは

バストアップ!胸痩せせずにダイエットに成功する方法

についてお伝えしていきたいと思います

ダイエットを頑張って痩せてきたと思ったら、胸からげっそり削げた経験ありませんか?

本当はお腹とか下半身を痩せたいのにって思いますよね

私もストイックに炭水化物を抜いてダイエットしたところ残念なことになったんですよ

げっそり上の方が削げちゃった。肋骨が出てきた時があったんですよ

胸は脂肪でできているので完全に胸痩せを防ぐことはできないんですよ

ただ胸の形を維持することはできるんです

今日は、胸の形を予防するダイエット方法についてお伝えしていきたいと思います

もう女性ダイエットは悩みがいっぱいだと思うので

目次

  1. ダイエットで胸から痩せてしまう理由
  2. バストを減らさずにダイエットする方法

ダイエットで胸から痩せてしまう理由

ダイエットをすると胸から痩せてしまう理由は3つあるんです

1. 柔らかい脂肪

1つ目 胸の90%は脂肪で、10%は乳腺でできています

ふわふわの脂肪はお腹や下半身についている脂肪よりも柔らかいので脂肪が燃えやすいです

だから胸から痩せやすくなってしまう

2.極端な食事制限

極端に糖質を全て抜いていくとか脂質を全部削っていく食事法にしていくと胸がゲソっと減っていくんですよ

私も短期で痩せたいって思った時にストイックな糖質制限をしたことがあるけど、その時に胸の上の方がげそって減っていったんですよ

めちゃくちゃ減ってって

私子供二人いるんですけど、元気な男の子に吸いつくされたおっぱいで寂しい感じなのにさらになんかねっていう感じで

女性のプライドや女性らしさがなくなったみたいですごい悲しくなったんですよ

「これはな・・・」って思って、糖質を少し食べるようにしたんですよ

朝にごはん パン フルーツも食べるようになってきたら

「あれなんか胸がちょっと戻ってきた」みたいな、ちょっとふわっとしてきた感じになってきたんですよ

体重はそんなに変わんないけど、胸がなんか戻ってきたんですよ

なんか極端な食事制限ってほんとダメだったんだって実感しました

女性らしく痩せたいって思うと極端な食事制限といけないんだなって本当にしみじみ思いました

3.極端なトレーニング

極端なトレーニングはやめたほうがいいと思います

例えば腕立て伏せやバーベル担ぐとかそういう筋トレをたくさんしたり

ジャンプとかランニングする人がいるけどそういった胸を刺激する揺れたり

、激しく胸の筋肉を使う筋トレをすると胸にあるクーパー靭帯が切れちゃうんですよ

私は筋トレやりまくったけど、皆さんにはやらないで欲しい

クーパー靭帯が切れてしまうと垂れやすくてしぼんだように見えます

クーパー靭帯は1回切れちゃうと元に戻らないのでいかに胸をサポートするかが大切になってきます

まとめ

胸から痩せる理由は3つ

胸は脂肪でできているし柔らかくて燃焼しやすく、胸から痩せやすくなります

極端な食事制限とか、激しい運動をしてしまうとクーパー靭帯が切れてしまって、「胸やせ」垂れたおっぱいになってしまいます

ではどうすれば胸痩せずにやせられるか?

後半でお話ししていきたいと思います

バストを減らさずにダイエットする方法

ちょっと胸が戻ってきたのでその方法をお伝えします

胸を保ったまま痩せるには3つのポイントがあります

1.良質な油を摂る

良質な油を摂ることがいいです

オメガ-3系の油

  • お魚の油
  • エゴマ油
  • 亜麻仁油

を積極的に食べていくと、これは女性ホルモンの材料になります

2.糖質を摂りながらゆるっと痩せる

糖質を(1日)120gにしながら急激に痩せないことがとても大切になります

ダイエットは「一度に痩せたい」とか、「短期で痩せたい」と思いがちなんですけど

急に痩せると、女性の場合は男性と違って胸からげそっと削げていきます

ゆるっと1か月に1キロペースで年間で痩せていくと考えると、胸から痩せにくくて太りにくい身体になっていきます

年間で12キロ痩せれたら万々歳じゃないですか?

3.筋トレは週2回まで

3つ目 筋トレは週2回にする

毎日やらないこれが大切になります

よく聞くのが「毎日筋トレしてます」って人がいるんですよ

YouTube動画とかで毎日上がってたりするので「毎日筋トレやれば痩せるんじゃないか」って思うかもしれないんですけど

毎日やると体を痛めます、筋トレ毎日やったらダメです

毎日やってしまうともちろん身体も疲れやすくなるし、風邪ひきやすくなるのもあるけど

胸で言うと、上向きの丸いお椀型のおっぱいになるのはクーパー靭帯が支えてくれてるからです

クーパー靭帯が切れちゃうと下がってしまう

おばあちゃんとかは下に垂れているじゃないですか。何が起こってるかと言うと、クーパー靭帯が切れて垂れている感じです

しっかりとサポートが付いているワイヤー付きのブラをつけたり

スポーツする時はちゃんとサポートしてしっかり胸を支えてくれるようなスポーツウェアを筋トレする時に着ることが重要です

ユニクロとかで売っているキャミにカップだけついたものばかりつけていると、クーパー靭帯が胸の重さを支えきれなくて切れてえてしまうことがあります

ちょっと肩こりはあるかもしれないけどワイヤー付きのサイズを測ってもらった合ったブラをつけることは女性の胸をずっと維持するのにとても大切なことになります

私はそれ知らなくて運動してしまって、かなり後悔しました

「面倒くさいからいいや」って思ってキャミソールにカップがついてるので運動したり、時にはつけないで夜中に筋トレしてたんで。。もう私のクーパー靭帯は戻りません

でも最近 気持ちを入れ替えて新しいワイヤ付のブラを買ったんです

最近のってすごいんですね。かなり上に上げてくれます。ぎゅっと上げてくれます

かなり目が良くなるので「切れてしまってどうしようもないわ」ってなった人は少々高くてもブランドの店舗に行って、。測ってもらっていいブラをつけると自分の気持ちが上がります

胸痩せしないダイエット方法のまとめ 

といういうことで綺麗に痩せたければ

カロリーを絞るために脂質も糖質もストイックオフしたらちょっと良くないんですよっていう話でした

体に必要な油をしっかりとってゆるっと糖質オフがとっても大切になっていきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA