バターコーヒーでプチファスティングをする方法 | バターココアでもOK

みなさんこんにちは!よしかです。

「食べすぎちゃった・・」

「でも、どうしても、早く体重を戻さなきゃ」

そんなときにやるのが、プチファスティング。

私は、バターコーヒーを使ったプチファスティングをします。1週間やるとダイエット効果が実感できますよ。

今日お伝えすることは3つです。

  1. プチファスティングに、バターコーヒーをオススメする理由
  2. バターコーヒーを使った、プチファスティングの方法と注意点
  3. 効果バツグンのバターコーヒーとバターココアの作り方

プチファスティングに、バターコーヒーをオススメする理由

プチファスティングは、前日の夕食から、次の日の昼食までの間、内蔵を休めることで、排泄や吸収、免疫といった体の機能を取り戻す方法です。

何も食べない、本当のファスティング(断食)より日常生活に取り入れやすいのが特徴です。

具体的な方法は、朝食の代わりにバターコーヒーを飲むだけ。

バターコーヒーは、栄養とエネルギーたっぷりで、腸に負担をかけないので、空腹感もなく、プチファスティング中でも、お昼まで元気に動けます。

バターコーヒーは、バターとMCTオイルを混ぜたコーヒーです。

「バターだけじゃなく、油もいれるの?」

「油って太りやすいんじゃない?」

と思うかもしれませんが、大丈夫です。

バターコーヒーに使うMCTオイルは、食べてもすぐにエネルギーになるココナッツから抽出した中鎖脂肪酸という油です。

MCTオイルは、食べたら腸ですぐに吸収されて、肝臓に運ばれ、身体のエネルギーになるので体脂肪になりにくいんです。

また、バターは、グラスフェッドをおすすめします。

グラスフェッドバターは、牧草を食べた牛のお乳からできたバターのことです。

グラスフェッドバターには健康にいい2つの特徴があります。

  • 通常のバターに比べて、脂溶性ビタミン(ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE)が豊富
  • オリーブ油やゴマ油などに含まれているオメガ-3やオメガ-9といった、健康にいい油の成分が複数含まれている。

またコーヒーやココアにはポリフェノールも豊富なのでアンチエイジング効果も狙えます。

バターコーヒーを使ったプチファスティングの方法と注意点

まず、バターコーヒーは、朝ごはんの代わりに飲んでください。

バターコーヒー以外に、フルーツやサラダなど他のモノを食べたら、内蔵を休ませるという断食の目的が達成できません。

また、昼、夜の食事も低糖質の食事にすることで、体脂肪が燃えて痩せる効果が得られます。

朝食べなかったからと言って、お昼ごはんに、菓子パンを食べてたら、全く意味がなくなるので注意してください。

バターコーヒーは、体にエネルギーを吸収しやすくて、栄養もあるいい食べ物ですが、タンパク質、ビタミン、ミネラルが不足していまいます。

なので、しっかり昼・夜の食事で補うことが大切です(^^♪

また、MCTオイルはお腹を緩くする場合があるので、体調に合わせて最初は小さじ1からスタートしてください。

それでは、作っていきます。

Print Recipe
バターコーヒーでプチファスティングをする方法 | バターココアでもOK
バターコーヒー、バターココアはどちらも効果は同じです。 お好みの方を試してみてください。
コース 代謝アップ, 美肌
料理 洋食
下準備 0
調理 1
所用時間 1
分量
材料
バターコーヒー
バターココア
コース 代謝アップ, 美肌
料理 洋食
下準備 0
調理 1
所用時間 1
分量
材料
バターコーヒー
バターココア
作り方
  1. 材料をすべて入れて、ブレンダーで10秒撹拌したらできあがり!簡単!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA