低糖質バスクチーズケーキ!ダイエット中でもOKです。

みなさん、こんにちは!
よしかです。

今日は、

ダイエット中でもOK!低糖質バスクチーズケーキ

を作っていきます。

ローソンで食べた濃厚なバスチーが忘れられなくて!

実はバスチーは、ダイエット中のおやつとして紹介しているんですよ。

ローソンのバスチーは、糖質量が1個で20gとちょっと高めですが、タンパク質が摂れてダイエット向きです。

仕事帰りにコンビニでついつい菓子パンを買ってしまうような人は、バスチーに置き換えたほうが絶対健康にいいし、ダイエットにも効果的です。

しかも、

バスクチーズケーキは小麦粉を使わない、グルテンフリーのスイーツです。アレルギー持ちの人も安心して食べられますよ。

私の息子も主人も甘いもの大好きなんですが、小麦と砂糖を多く食べると肌あれがひどくなってしまって。

食べさせてあげたいけど、食べると皮膚が荒れて血が出てきちゃう。

でも、今回作る、糖質オフのバスクチーズケーキなら心配ありません。

息子と旦那に食べてもらって症状が出ないのは確認済みです!

痩せたいだけじゃなく、肌荒れの悩みも解消したい人は、ぜひ、低糖質で、小麦を使わないスイーツに置き換えしてみてください。

ということで、

低糖質のバスクチーズをたっぷりホールで作ってしまいましょう!

前回紹介したチーズケーキと同じように材料を混ぜたら簡単にできます。

バスクチーズケーキはバターの代わりに生クリームを使うので、ふわっと美味しい口溶けになります。

ぜひ、両方作って食べ比べてみてくださいね。

それではクッキングスタート!

今回使う材料

「こなやの底力 豆乳工場の おからパウダー」はキメが細かくてオススメです。

Print Recipe
低糖質バスクチーズケーキ!ダイエット中でもOKです。
バスクチーズケーキは、タンパク質もしっかり摂れるダイエットスイーツです。 また、小麦粉も使わないグルテンフリーのおやつですよ。 小麦と砂糖を多く食べると肌が荒れてしまう人も大丈夫です! 低糖質のバスクチーズをたっぷりホールで作ってしまいましょう!
コース 代謝アップ
料理 洋食
下準備 20
調理 20
所用時間 40
分量
人分
コース 代謝アップ
料理 洋食
下準備 20
調理 20
所用時間 40
分量
人分
作り方
  1. クリームチーズは常温に戻しておく。
  2. ボウルにクリームチーズとラカントを入れて、ハンドミキサーでよく混ぜる。 ラカントの粒のシャリシャリがなくなって、全体が白くなったらOKです。
  3. 別の容器に卵を2つ割って、黄身と白身をしっかり混ぜる。 しっかり混ざった卵を3回に分けて、クリームチーズと混ぜる。
  4. 生クリーム 150mlを入れてよく混ぜる。 生クリームをいれるとふわふわになります。
  5. 最後におからパウダーを入れてよく混ぜる。
  6. ケーキ型にチーズケーキのタネを流し入れる。 トントンして空気を抜く。 空気を抜いたら、表面にラカントを適量振りかける(キレイな焦げ目ができますよ)
  7. 210度にしたオーブンで20分焼く。 焼けたら、冷蔵庫で2時間冷やしてできあがり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA