【20倍の乳酸菌】ダイエットにおすすめ!水キムチの作り方

こんにちは よしか です。

今日は

乳酸菌の玉手箱。キムチと比べて20倍の乳酸菌
水キムチの作り方

を紹介します。

腸内細菌を味方につけるとすごくダイエットに効果的なんですよ。

腸内細菌を味方につけるために簡単にできるは「乳酸菌を摂ること」です。

ダイエットに効く乳酸菌をたくさん含む食品が水キムチになります。

お客様からも、「美味しいし、お通じが良くなった」と嬉しい連絡を頂いているんですよ。

乳酸菌がダイエットに効く理由

乳酸菌はダイエットに効果的になります。

乳酸菌が腸に届くと痩せ菌が増えていくんですよ。

腸に乳酸菌が届くと善玉菌が増える

すると・・・

悪玉でも 善玉でもない日和見菌があるんですけど、
その日和見菌がやせ菌に変わっていきます。

日和見菌は腸内細菌の7割を占めるので、いかに日和見菌を味方につけるかが痩せるポイントになってきます。

痩せ菌が増えると食べ物の好みが変わっていくんですよ。

痩せ菌はあっさりしたものとか、食物繊維が多いものを好みます。

なので痩せ菌が増えると、自分もあっさりしたものとか食物繊維が多いものを好むようになって食べるので自然に痩せるようになっていくんです。

植物性乳酸菌じゃないと意味がない

ただ乳酸菌と言っても植物性の乳酸菌じゃないとダイエットには効かないんです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は動物性乳酸菌になります。

動物性の乳酸菌は生きて腸に届かないので善玉菌を増やすのはなかなか難しい。

でも植物性乳酸菌は胃酸に強いので生きて腸まで届きます。

どんな食品の乳酸菌が植物性なのか動物性なのかは、こちらの記事で確認してください。

ただ、

「植物性乳酸菌がたくさん取れる食べ物ってないの?」って思うかもしれないんですが、実はそれが水キムチです。

普通のキムチのなんと20倍の乳酸菌を含む乳酸菌の玉手箱みたいな感じです。

水キムチは日本のある食材で簡単にできるし、辛くないキムチなのでお子さんにもおすすめのキムチです。

何より食べることで便通が良くなってお腹ぺったんこになっていきます。

簡単にできるのに、すごくさっぱりして、夏に美味しい食べ物です。
痩せ菌を増やす植物性乳酸菌を毎日摂っていきましょう。

ではクッキングスタートです。

Print Recipe
ダイエットにおすすめ!水キムチ
発酵食品で腸を整えて毎日元気に! 普通のキムチの20倍の乳酸菌でダイエット効果もアップ! 家庭でも簡単にできる水キムチです。
下準備 20
調理 一日
所用時間 一日
分量
人分
材料
漬け汁
漬け込む野菜
下準備 20
調理 一日
所用時間 一日
分量
人分
材料
漬け汁
漬け込む野菜
作り方
米のとぎ汁の準備
  1. まずは米を水でよくすすぎ、一番最初に出るすすぎ汁を捨てる。
  2. 最初のすすぎ水を捨てたら米をたっぷりの水で研ぐ。 その時に出る濃いとぎ汁を500mlとっておく。
漬け汁をつくる
  1. 鍋に米のとぎ汁、塩、キビ砂糖、生姜を入れて火にかける。
  2. 沸騰したら火を止めてアクを取り除き、そのまま冷やしておく。
野菜を漬け込む
  1. 漬け汁が冷めたら鍋からボウルに移し、食べやすく切った野菜を入れる。 野菜は漬け汁から出ないように、入れられるだけたっぷり入れる。
  2. 重石としてお皿などを野菜の上に乗せてからボウルにラップをする。 こうしないと野菜が漬け汁から浮いて上手く漬かりません。
  3. そのまま常温で丸一日おく。 発酵したような酸味のにおいと乳酸発酵したような酸味が出ていれば出来上がり。 通常は丸一日、暑い日なら一晩で出来上がり。
  4. 水キムチにゴマとか鰹節をかけて、少し醤油をたらして食べると風味アップ。 具を食べ終わったあとの漬け汁に、溶かした中華スープの素、醤油、酢を入れると美味しいスープになります。
保存方法
  1. 出来上がった水キムチは、汁ごとタッパーに入れ冷蔵庫で保存する。 冷蔵庫で10日ほどもちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA