すぐ痩せるダイエットが失敗する3つの理由 | 健康にやせる方法も紹介

みなさん、こんにちは!
よしかです。

今日は

短期で、すぐ痩せるダイエットが失敗する理由 

をお伝えします。

痩せることで本気で人生を変えたいなら短期痩せは絶対にダメです。

そもそもですね、

  • 1カ月で―5キロ痩せ
  • 3日で―3キロとか
  • 1週間で腹筋割る

とか無理だから!

そんな短期間で痩せるには、ほとんど食べないか、もともとが相当ぽっちゃりさんじゃないと無理です。

つまり、短期で痩せることは、体に大きな負担をかけて、1年や3年以上といった長いスパンで見れば、続けることができずに必ず失敗します。

短期痩せは出来ないとは言いません。

しかし、私は絶対にオススメしません。

なぜなら私の考えるダイエットの目的は、ただ痩せるだけではなく、健康を手に入れて、やりたいこと楽しむことだからです。

短期痩せでは、健康に痩せて、人生を楽しむことは絶対にできません。

今日は、その3つの理由をお話します。

また、ダメな理由だけではなく、どうしたら健康的に痩せられるのかも合わせてお伝えしていきます。ぜひ最後まで見てくださいね。

短期やせがダメな理由①リバウンドを招く

私は多くの方にダイエットを指導してきましたが、相当なぽっちゃりさんでない限り1カ月で5キロ痩せるのは危険です。

なぜならそれぐらい短い期間で一気に痩せるには

  • 毎食サラダチキンとサラダ。
  • 糖分と脂質をほぼカット。
  • 運動を毎日1時間。

これぐらい追い込む必要があるからです。

このぐらい頑張れば、1ヶ月で-5キロは達成できるかもしれません。

実際に、

うちの旦那は全然太ってなかったのですが、10日間のファスティングをして5キロ体重が落ちました。でも、子どもを幼稚園に迎えにいく自転車にもヨロヨロして一苦労という有様でした。

筋肉が最初に落ちてしまうんですね。もうホントおじいちゃんかってぐらいヨロヨロでした。。

話を戻すと、

短期やせのために食事も制限し、運動もバリバリ頑張る。

でも、

「その食事続けれますか?」

「その生活続けられますか?」

無理ですよね。

ダイエットは習慣です。一生続けれないなら確実に元に戻ります。

もしくは、

「こんなに頑張ったんだから」と食べる事が怖くなって拒食症になって、そのあとに反動で過食になる方もいます。

人間には一定であろうとする生体恒常性という機能が本能的に備わっています。急激な変化には必ず、急激な戻しが訪れます。

健康にも良くないし、精神的にも辛いので、食べない短期痩せはやめましょう!

リバウンドをするメカニズムについてはこちらの記事で詳しくしています。ぜひ確認してください。

短期やせがダメな理由②太りやすい身体になる

食べないダイエットをすれば短期でも痩せると言いましたが、それにはもっと怖い副作用があります。

基礎代謝に満たない食事を摂るような極端なカロリー制限をすると、筋肉を分解して基礎代謝が下がります。

基礎代謝は、ただ生きをしているだけでも消費されるエネルギーで、基礎代謝を上げることはダイエットの基本です。

しかし、それが下がってしまうのです。

すると

「前と同じ量を食べているのに、なんだか太りやすい」

ということが起こります。

アラフォー女性にありがちなダイエットが、

「カロリーが高いからお肉を食べない、代わりに健康的な野菜サラダ」

というものです。

でも、そういう人は痩せにくく、仮に痩せても、また戻ってしまうリバウンドを繰り返している方が多いです。

せっかくダイエットを頑張っているのに、逆に太りやすい体になってしまうなんて悲しいですよね。

ではどうするか?

その方法は次に紹介する短期やせがダメな理由とも関係するので、あとでお伝えしますね。

短期やせがダメな理由③身体がボロボロになる。

短期やせをする人は、爪、肌がまずガサガサになります。これに悩んで私のところに相談に来る人もいます。

それに、アラフォーからは、栄養不足によって白髪ができやすく、そこに無理に短期に痩せるダイエットが重なって急に白髪が増えてしまったりします。

このように短期やせが健康に影響するのは、短期やせが「〇〇だけダイエット」とか一つの要素だけに目を向けて、栄養バランスが崩れた食事になることが多くなることが原因です。

爪や肌、髪の毛で済めばまだいいのですが、女性の場合、生理が止まってしまうこともあります。

実際に女子中学生の間では、

「生理が止まるぐらいが痩せてちょうどいい」

なんてこともあるようです

しかし、生理が止まるのは大変なことです。

これが原因で生理不順が常態化して、望んだ時には赤ちゃんが出来にくくなったりします。

そればかりか、女性ホルモンはカルシウムの吸収と密接に関係するので、将来的に骨粗しょう症のリスクを高めたり、自律神経が乱れて心が疲れやすくなります。

なので、短期痩せはやめたほうが良いです。

ではどうするのか?

答えは食べて痩せることです。

でも、何を食べて何を抑えるべきかが難しいですよね?

そんな人は、まずは、夜ごはんからお米を抜いて、代わりにお肉やお魚といったタンパク質を含むおかずの量を増やすことからはじめてください。

人間は20代後半をピークに筋肉量は下がり続けます。アラフォーにからは生きているだけで、筋肉落ちるということです。

その筋肉の減少と基礎代謝の低下を防ぐのが、タンパク質をしっかり摂って運動することです。

これが食べ痩せダイエットの基本になります。

食べ痩せダイエットのやり方については別動画で紹介しているのでぜひ確認してくださいね。

本当に痩せてリバウンドしたくないなら、男性なら1か月2~3キロ。女性なら1か月1キロくらいのゆっくりとしたペースでゆるっと糖質オフをしながら、筋トレをすると体重も体脂肪も落ちて綺麗な身体が作られます。

ダイエットを始めると

「早く痩せたい、ちょっとでも成果が見える形でほしい!」

と焦ってしまう気持ちはわかります。

でも短期痩せは、辞めてください。

体重は落とせても、ダイエットの本当の目的を見失ってしまう可能性がとても大きいです。

ぜひ、食べて痩せる健康な身体を手に入れてほしいと思ってこの記事を書きました。ぜひ食べて痩せて健康になってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA