スポーツドリンク | アスリートが飲む理由、ダイエッターが飲まない理由

皆さんこんにちは

アラフォーからのダイエット、食べやせ健康チャンネル よしか です

今日のテーマは

スポーツドリンク、アスリートが飲む理由とダイエッターか飲まない理由

についてお話していきたいと思います

「汗をかいたらスポーツドリンク飲まなきゃいけない」とか

「ちょっと風邪引いたら飲まなきゃいけない」っていうのを

すごくちっちゃい頃から私も言われてきたんですけど

それで飲んでいると太ります

アスリートは熱中症で死なないためにスポーツドリンクを飲む必要があるけど

普通の人が汗をかいたぐらいでスポーツドリンクを飲んでたら、マジで「太る〜」ですからね

汗が出たくらいなら麦茶を飲むのがダイエットにも熱中症にも効果的な理由をお話ししていきます

目次

  • スポーツドリンクで太る理由
  • 本当にスポーツドリンクが必要なのはこんな時

スポーツドリンクで太る理由

ダイエッターはスポーツドリンクはぶっちゃけどうなのかって言ったら、「飲んだらダメダメよ」っていう感じです

代わりに麦茶を飲んだ方がいいと思います

じゃなんでかって言うと

ペットボトル1本で200mlで糖質量30gになる

糖質量30gってどれくらいかっていうと、どら焼き1個です

どら焼き食べてるのと同じだと思ったらいいと思います

なので

  • ちょっと汗かいた
  • ちょっと体調悪いぐらいで

スポーツドリンクを飲む必要は全くなくて、ぽっちゃりの元になります

例えばですね、ぽっちゃりしてる人ってなぜかスポーツドリンクすごい飲むんですよね

夏場 駅から一緒にどっか向かう時に、10分ぐらいの道なんですけど、途中5分ぐらいで

「ちょっとも耐えられない」ってコンビニに寄ってスポーツドリンク買っていくんですよ

また、ちょっと汗かいたぐらいで「子供にスポーツドリンク飲ませないと倒れちゃう」と思って飲ませる人とか、赤ちゃんとかにも飲ませる人がいるんですけど

その必要はなくって飲ませるなら麦茶をこまめに飲ませた方が

ぽっちゃりの予防になるし、赤ちゃんとかお子さんにも体にとって負担がないことになります

本当にスポーツドリンクが必要なのはこんな時

でもね「運動したらスポーツドリンク飲まなきゃ」っていうイメージがあるじゃないですか

飲まなきゃいけない時もあるんですよ

スポーツ選手とか部活をたくさんしているお子さんとかはスポーツドリンク飲む必要があります

例えば30分以上ずっと暑いグランド走り回ったりとか、夏室内にこもった中でバスケットボールとかやるお子さんとかね選手とかって

すごい汗かくじゃないですか、Tシャツが絞れるくらい汗をかくんですよ

つまり体に必要な水分と塩分が汗として大量に失われちゃうから、スポーツドリンクで取らなきゃいけないんですよね

水分と塩分が大量に失われると体の熱体温の調節ができなくなってしまって熱中症になってしまって、ひどい場合は死んでしまう可能性もありますね

なので水分と塩分を効率的に吸収するためにスポーツを飲む必要があります

例えばTシャツが絞れるくらい汗をかいた時に水分だけしか取らないと、熱中症を悪化させちゃうんですね

ちょっとマニアックなマニアックな話をしますね

体の中の塩分濃度って0.9%に保たれてるんですよ

体の中の塩分濃度って0.9%に保たれてる
お水だけ飲んじゃうと塩分濃度が下がっちゃう

汗をかくと塩分と水分が体からたくさん出てっちゃうよね

この時お水だけ飲んじゃうと塩分濃度が下がっちゃうんですよ

体は塩分濃度を下げたくないので

「お水飲むな」っていう指示が出るんですよ

そうするとお水を飲まなきゃいけなくても飲もうっていう気持ちがすごく下がってしまう

また、塩分濃度を0.9%に上げるために、おしっこで水分を出そうとするんですよ

つまりお水をとっても、出ていて行ってしまい、水分が足りなくなって、汗も出なくなるし、体の中で熱を運ぶ水分も足りないので体温調整ができない状態になります。

で体温が40℃を超えてしまうと、パタンと倒れちゃう

これが熱中症のメカニズムなんです

体温調整ができない状態で40℃を超えてしまうと、ー脳みそ 肝臓 心臓 肺の細胞っていうのは熱にすごい弱いので死んでしまう危険性がある

だからアスリートとかすごく運動してる部活の子とかはスポーツドリンクを飲む必要があります

もしかしたら部活するお子さんも多いんじゃないかなと思ってお話ししましたけど

自分はどうするのか?

ダイエットの基準で考えると

汗だくになったら麦茶がやっぱり一番いいです

麦茶には太る原因になる糖分が含まれてないし

汗をかいた時に塩分として失われるナトリウムが麦茶100ml対して5mg入っています

糖分も塩分も入っていた方が水分の吸収率がめちゃくちゃ高いんですよ

だからスポーツドリンクにはたくさん入っているんですけど

普通にただ歩いただけだけだと熱中症対策としては麦茶で十分なので、麦茶を飲んでください

基準はTシャツが汗で絞れるぐらいだったらスポーツドリンク飲む必要があるけど、それ以外は麦茶でオッケーになります

アスリートばりの運動してるわけではないダイエッターが汗をかいた時スポーツドリンク飲んだら、「どら焼き食べてるのと一緒」と思って麦茶を飲みましょう

ぜひそういう感覚で物を見ていただくとダイエットに役立つと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA