【ダイエット】間違いだらけのドレッシング選び | 食べても太らない選び方 糖質オフ

こんにちは よしか です

今日のテーマは

間違いだらけのドレッシング選び

糖質オフにおすすめな食べても太らないドレッシング

についてお話ししていきます

ドレッシングって色々ありますよね

カロリーオフ、カロリーハーフ、糖質オフ・・・ダイエットのドレッシングがいっぱい売られてます

食べ痩せダイエットのお客様も

「どんなドレッシングがいいんですか?」ってよく質問を受けます

目次

  • ダイエットで迷わないドレッシング選び
  • おすすめドレッシングベスト3

ダイエットで迷わないドレッシング選び

カロリーオフ、カロリーハーフ、ノンオイ、 糖質オフのドレッシングはダイエット中は選んではいけないものになります

なぜなら美味しくないじゃないですか

美味しくない上に、肝臓に負担をかける添加物がたくさん入っています

肝臓は体の基礎代謝の3割を占めるダイエットに最も大切な内臓です

肝臓が代謝(=食べてエネルギーにしてくれる)だけではなくて、添加物を体の外に出す解毒に使われてしまうと、代謝が上がらずに逆に太りやすい身体になっていきます

詳しくはこちらの記事を見てください

肝臓が痩せる鍵基礎代謝を上げる一番簡単なダイエットをご覧ください

なぜ添加物がたくさん入ってるのかって言うと

カロリーオフ、カロリーハーフ、ノンオイルそして糖質オフのドレッシングは油とか砂糖を抜いています

つまり美味しい要素を抜いている

「じゃあ美味しくなるためにどうしてるの?」って言うと

例えばカロリーオフの商品は油は1gで 9kcalで結構高いので抜く

すると、おいしくなくなるじゃないですか

どうするかっていうと添加物で美味しさを補っている

糖質オフのドレッシングは、糖質つまり砂糖を抜きます

豆砂糖を抜くと甘くなくなっておいしくなくなるじゃないですか

酸っぱいか しょっぱいかしか感じなくなるので、砂糖の代わりになる人工甘味料を入れています

だからカロリーオフ 糖質オフの商品はおすすめしないんです

では、「何を選んだらいいの?」って言うと普通のドレッシング

  • カロリーオフ
  • カロリーハーフ
  • ノンオイル
  • 糖質オフ

と書いてない普通のドレッシングを選んでください

意外かもしれないですけど普通のドレッシングを「大さじ1に決めて」食べるのが1番ダイエット効果が高いし、コスパも高いですよね

カロリーオフ、ノンオイル、糖質オフのドレッシングはやっぱり添加物が多いので肝臓に負担をかけてしまいます

肝臓に負担がかかってしまうと、基礎代謝が落ちてしまうので、結果 痩せにくい体になります

添加物の少ない普通のドレッシングを選んでいきましょう

裏ラベルを見るのをお忘れなく

おすすめドレッシングベスト3

普通のドレッシングといってもスーパーの棚にいっぱい種類がありますよね

「どれがダイエット中でも大丈夫なの」って一人で選べないですよね。不安になっちゃいますよね

そんな方のためにおすすめTop3を紹介していきます

糖質オフダイエットではカロリーは関係ないです

1食あたりの糖質量で計算していくので計算しやすく、自分で管理しやすい

ではトップ3です

第1位

キューピー オリーブオイルオニオンドレッシング

大さじ1で糖質量が0.6g

第2位 

キューピー シーザーサラダドレッシング

大さじ1で糖質量 0.8g

第3位 

キューピー 深煎りごまドレッシング

大さじ1で糖質量は2.6g

糖質量が多いけどゴマが入ってます

ゴマのビタミンEが豊富で体に絶対必要な栄養です

私はこの3つをお勧めしています

マヨネーズは大丈夫?

「マヨネーズってダイエット中大丈夫なんですか?lと質問が来ます

マヨネーズは太ると思われがちだけど、糖質オフダイエットの観点では大さじ1で0.1の糖質量なので太りにくいので大丈夫です

こちらもキューピーのマヨネーズがおすすめ

キューピーの商品をおすすめしたのは添加物がすごく少なくて、真面目に作られてるところにすごく共感するので私はキューピーを推しています

キューピーの売れ筋のドレッシング マヨネーズなら、ゆるっと糖質オフダイエットにすごくおすすめです

ただオメガ-6(サラダ油)が使われています

太りにくいとは言っていますがオメガ–6(サラダ油)を摂りすぎるとアレルギーと肌荒れの原因になるので大さじ1程度にすると体にも ダイエットにもすごく良いものになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA