【絶対に太る油】とダイエット中も摂るべき健康にいい油

こんにちは よしかです

今日のテーマは

絶対に太る油とダイエット中も取るべき体にいい油

についてお話しして行きまーす

ダイエットを始めた時に一番迷うのって、実は油かもしれないですね

実際にお客様からも質問でくること多いのが油になっていきます

食べ痩せダイエットっていうのは脂質オフではないので、油を取っても割とOKなんです

ただし、絶対に太る油と食べてはいけない油があります

またダイエット中だからといって油を抜きすぎると健康のために良くないんです

なので健康のためにも絶対取るべき油っていうものがあります

とってはいけない油ととるべき油を意識した食事を半年ぐらい続けると

痩せるだけじゃなくてアトピーや花粉症などのアレルギー症状が治っていく方がたくさんいます

今回は、絶対太る油とダイエット中も取るべき健康にいい油についてお話ししていきます

絶対に太る油

太るだけではなくて健康にも良くなくて絶対にとってはいけない油が2つあります

  1. トランス脂肪酸
  2. 酸化した油

トランス脂肪酸はコンビニの菓子パンとかお菓子とかに含まれるショートニングとかマーガリンです

酸化した油は、一度揚げ物に使った油になります

何度も使った油で揚げた揚げ物はやめてください

スーパーの惣菜コーナーにある唐揚げとか天ぷらって同じ油を使い続けてるものが多いです。なのでそういった油は控えてほしい

あとはファーストフード店のフライドポテトとか、コンビニのレジ横にある唐揚げとか

家庭にありがちで私もポッチャリしてた時にやってたのが、一度使った揚げ油をもう一度調理に使ったりとかすること

なんとなくもったいないから、もう一度使ってたんですけど。これはやめていただきたいと思います

これらの酸化した油は血液中の悪玉コレステロールを増やしていくんですよ

血液中に老廃物が溜まっていくので、

  • むくみの原因になったり
  • 内臓に脂肪がたまって太る

っていうことになります

またオメガ6系と呼ばれているサラダ油は、現代人に摂りすぎなことが多いので意識的に控えてください

オメガ6系の油を摂りすぎると、中性脂肪を増やしたり、アレルギーやアトピーの原因になっていきます

まとめ

太る油

  • トランス脂肪酸: マーガリンとかショートニング
  • 揚げ油の酸化した油: 揚げ物の惣菜とかポテトチップス

意識的に控えたい油

オメガ6系の油: サラダ油 コーン油

オメガ6系の油は炒め物などで1日大さじ1ぐらいまで留めておくとダイエット効果が高くて、アレルギーになりにくいです

ダイエット中も摂るべき健康にいい油

食べたら太るし健康に良くない油を、オメガ3系とかオメガ9系の油に置き換えることをお勧めします

オメガ3系の油

オメガ3系は、お魚の油 亜麻仁油 エゴマ油です。生で食べるのがお勧めになります

亜麻仁油とエゴマ油はサラダにお塩をかけて食べるのがとってもおすすめです

オメガ9系の油

オメガ9系はオリーブオイル、エクストラバージンオイルです

エクストラバージンオイルってちょっと高いんですが、サラダとかにかけて食べて頂きたいので1,000円程度のちょっといいものを選ぶことをオススメします

炒め物におすすめの油は、熱に強くて酸化しにくいオリーブオイルとか米です

まとめ

これらの体にいい油っていうのは血液をサラサラにして中性脂肪の値を下げてダイエットの点でも健康にも効果的になります

アラフォーからは健康に気をつけないといけないですからね

1日3食のうち1食お魚を食べるととっても良くなります

油を変えるとアレルギーが治る【事例あり】

最初に「油を変えるとアレルギーが治るって言ってたけど本当ですか?」って気になるかと思います

1年くらい続けるとアレルギー アトピー 花粉症も消えていきます

実際にお客様も、蕁麻疹がひどかったり、花粉症にずっと悩んでた方がいるんですけど、ずっと続けていくと

「よしかさん、今年はすごく楽でした。全然違いますね」

っていう連絡が来るんですよ

それくらい油のは大切になっていきます

なので

  • サラダ油はオリーブオイルに変える
  • マーガリンはバターに変える
  • 1日1食はお魚をチョイスする
  • 揚げて何日もたった油はNG

これを実践することで、健康とスリムな体を取り戻しましょう

アラフォーからは痩せるだけじゃなくて、健康が大切になってくるのでぜひ油に気をつけてダイエットしてみてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA