【バズーカ岡田先生】減量おむすび | 食べやせアレンジバージョン!

みなさん、こんにちは!よしかです。

減量に最強!バズーカ岡田先生がお勧めの「サバおむすび」を作っていきます。

岡田先生は、理学療法士で、日本体育大学体育学部准教授、そして、日本オリンピック委員会強化スタッフなんですが、なにより40代なのにバッキバキ。

今日紹介するサバおむすびは、食べ痩せ栄養素がいっぱいなんです!

減量おむすびの食べ痩せポイント3つです

1,スーパー大麦を入れる

水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も豊富なので、便通を促進。食物繊維で糖質の吸収を穏やかにしてくれます。

2、サバ水煮缶

良質なタンパク質をとれます。タンパク質はアラフォーからの筋肉を維持にするのに効果的です。

3,良質な脂質

魚の脂質は「脂肪燃焼効果」があって、痩せやすい油です。中性脂肪値を下げる効果があるのも嬉しいところ。

それでは作っていきます。

今回使う材料はこちら

Print Recipe
【バズーカ岡田先生】減量おむすび | 食べやせアレンジバージョン!
ダイエット中でもOKな、おいしい食べやせおむすびです!かんてんクックとネギを加えるのが、食べ痩せ流です!
下準備 10
調理 40
所用時間 50
分量
個分
材料
炊き込み用の食材
炊きあがった後に混ぜるもの
下準備 10
調理 40
所用時間 50
分量
個分
材料
炊き込み用の食材
炊きあがった後に混ぜるもの
作り方
  1. 米を研いでおく。 研いで水を切ったお米を炊飯窯に入れて、サバ缶の汁だけを入れる(身は最後に入れます) 続いて、めんつゆを入れたら、炊飯器の「2」のメモリまで、水を入れる
  2. スーパー大麦と水100cc(大麦の倍量)を入れる。 サバの身とかんてんクックも入れたら、炊飯器で普通に炊く。
  3. 炊きあがりを待つ間に、大葉を千切りにする。 ショウガは、薄くスライスしてから千切りにする。 ネギも細かく切っておく。
  4. 炊きあがったら、サバの身を食べやすいように崩して混ぜる。 ごはんをボウルに移して、3で準備した大葉、ショウガ、ネギを混ぜ込む。 塩を小さじ1/4混ぜて、おむすびにする。(約6個作れます)
レシピのメモ

減量おむすび 1個(160g)あたり

  • カロリー : 275kcal
  • タンパク質:  13g
  • 炭水化物 : 41g
  • 食物繊維 : 3g
  • 糖質 : 41g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA